豆知識セブンは、豆知識、雑学、知って得する情報や役立つ情報など、個人的に気になった情報を集めたサイトです。

花粉症の時期。ピークはいつまで?花粉の種類と症状と対策は?

花粉症に悩む女性のイラスト

2500万人がかかっているというスギの花粉症

毎年苦しんでいる方がこんなにいるなんて!花粉症を引き起こす植物はスギ以外にもあります。

 

1年中飛んでいる色々な花粉。あなたは花粉症ですか?種類やピーク時期、対策を紹介いたします。

スポンサーリンク

 

花粉の種類は?

スギの木の写真

花粉は、花が咲けば出るものです。冬は少ないですが、1年中出ているもの。有名な5つがこちらです。

 

春 スギ・ヒノキ・シラカバ(北海道)
夏 カモガヤ
秋 ブタクサ

 

春の花粉、スギ花粉症の方が一番多いと言われます。

日本の人口とスギ花粉症の方を比べると、なんと5人に1人はかかっていることに!スギのみでこの人数ですから、他の花粉も入れると珍しくないのがわかりますね。

 

夏は実りの季節の前でイネ科の花粉が飛びます。秋にはブタクサやヨモギなどが花粉症の原因になりますが、涼しくなってくるからか、風邪だと思っている方もいるでしょう。

 

毎年、夏風邪にかかる、秋に風邪をひくという方は、ひょっとしたらスギ以外の花粉症かも。他にも花粉症の原因となる植物は多く、リンゴなども花粉を散らします。春は樹木の花粉が多いのですが、夏と秋には雑草の花粉も出てきます。

 

花粉症のピークはいつからいつまで?

鼻水に苦しむ男子のイラスト

ピーク時期を種類別に見てみましょう。

 

スギは2月~4月で、3月がピーク。温暖化でだんだん時期が早まっています。ヒノキは3~5月で、4月がピーク。花粉症だけど症状が出始めるのが遅い方は、ヒノキかも?

 

シラカバは5月~6月。北海道に多いのですが、雪の多い地域、長野などにも生えています。

カモガヤは4月~7月。ピークは5月。イネ科は花の時期が長いですね。

ブタクサは8月~10月。他の花粉と違い、北から南へピークが移っていきます。

 

あなたはピークの時期に毎年風邪のような症状になったりしませんか?

スポンサーリンク

花粉症の症状は?

花粉症で鼻水に苦しむ女性のイラスト

風邪と似ていますが、細かく見ると違います。風邪は1週間程度で治りますが、花粉症は、花粉飛散(ひさん)の時期に長期でかかります。けれど「治るかどうか?」で判断するのは時間が長いですね。

 

鼻水の違い

わかりやすいのが、鼻水の状態です。透明で、サラサラと水のような、止まらない鼻水なら花粉症。粘り気があって色がついている鼻水が風邪になります。

 

花粉症はアレルギーなので目がかゆくなります。風邪なら喉の痛みや、発熱があるでしょう。(ない風邪もあります)

 

花粉症は「くしゃみ」です。花粉が喉に入ると「咳」も出るでしょう。他にも、鼻づまり、涙が出たりします。目の充血、肌のかゆみなども。ひどくなると、だるさや、倦怠感(けんたいかん)も出ます。

 

対策は?

花粉症対策をしてる人のイラスト

 

何の花粉によるものなのか、花粉症を疑ったら病院で調べてもらいましょう。自分の花粉の時期がわかったら、できるだけ体に花粉をつけないようにします。

 

花粉が終わるまで続くので、毎日対策するしかありません。晴れて風の強い日は外出を控えるのが好ましいです。

 

お仕事などでやむを得ず外出される場合は・・・

 

花粉対応のマスクをつけ、できたら帽子とメガネをしましょう。髪にも服にも花粉はつきます。外出から帰ったら、できるだけ部屋に花粉をいれないようすぐに着替えます。

 

うがいの他、目も洗いましょう。できたらシャワーも浴びたいですね。服はすぐに洗濯し、室内で干しましょう。(乾燥機でもいいですね)掃除もマメに行いましょう。(性能の良い掃除機か、拭き掃除が良いです。雑巾はすぐに洗います。)

 

薬も、市販の目薬・鼻の塗り薬、飲み薬など、併用しても大丈夫です。(アレルギー体質ではあるので、ご心配なら薬剤師さんに相談してください)一番は医師の処方薬ですが、飲み薬だけのこともあります。目薬など使っていいか聞きましょう。

 

体の粘膜を強くする・保護するのも大切です。保湿は充分に。睡眠もしっかり取る。刺激物の入った食品や、お酒・タバコは控える。栄養も取り、重い状態にならないようにしたいですね。

 

スギ花粉が増えたのは、早く育つという理由で過去に大量に植えられたせい、というのは有名です。他の質のいい木が使われるようになり、スギが伐採されることが減りましたが、それは最近の話ではありません。

 

花粉を最大量出す大きさに育ちきったのも、20年前ほどです。植えていないはずなのに、なぜ増えて行くのでしょう?手入れをする職人さんが減っていったからかもしれません。

 

スギは「枝落とし」という作業をして毎年整えますが、それをされないスギは枝を伸ばし、その分花も咲き、花粉も飛びます。脇の枝がボウボウなスギが増えているなら、花粉の量が増えるのもうなずけますね。

 

雑草系の花粉は、土地が整えられることで減って行ってもよさそうなのですが、残念ながら日本の人口も減って行っています。手入れされない放置された土地が増えていくので、こちらの花粉も増えます。

 

風邪と思っていたけれど、花粉症だったかもしれないと思った方。一度、花粉のアレルギー検査を受けてみてください。もし花粉症なら、風邪薬は効かないわけです。

 

なかなか風邪が治らないな・・・と思ったら、症状を比べましょう。症状が似ていたら、注意していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール


ブログ管理人:マメマン



特技&趣味:バック転/スケボー/ピスト/映画鑑賞/読書/

このブログの記事は、すべて(50記事ほど)外注ライターさんが書いてくれてたのですが、諸事情によりずっと放置状態です。笑

50記事ほどのブログですが、一時期は1日2万PV以上、月間で50万PV以上のアクセスがありました。

しかし放置状態が続き、PVも減ってきたので、この際ブログタイトル、コンセプトなどを変え、新たに記事を更新していこうかな?と考えているところです。

過去記事をすべて消すのは、もったいないよな~ってくらいのPVはまだあるので、とうぶん過去記事は消さず更新していこうかな~という感じです。

ブログタイトル、コンセプト、文章のテイストも変わってしまうかもしれませんが、再開したときはよろしくお願いいたします。

人気ブログランキング

この記事は参考になった!と思っていただけたら応援クリックお願いします。

⇒雑学・豆知識 ブログランキングへ

固定ページ

お問い合わせ