豆知識セブンは、豆知識、雑学、知って得する情報や役立つ情報など、個人的に気になった情報を集めたサイトです。

確実に金運アップする方法?新品の財布にあることをするだけ!

金運アップ

資本主義社会では、お金がないと生きていけません。事実、お金で解決できることはたくさんあります。

大切な人や家族を守るためにも、お金がないよりはあったほうがいいですよね。

 

今回は、当サイト管理人の私が実際に体験した、あまり知られてない金運アップ法をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

その金運アップ法は、ズバリ、財布の使い方です。

 

よく、長財布のほうが良いとか、黄色い財布が良いとか、風水財布が良いとか、一度は聞いたことがあると思います。

これは、心理的にも暗示がかかるので、それなりに効果はあるかもしれません。良くも悪くも暗示というのは影響が大きいので。

 

しかし、今回は、財布の選び方ではなく、買ったばかりの財布に、「あること」をすると金運アップしますよ!というお話をしていきます。

 

では、はじめていきましょう。

 

金運は最初に入れる金額で決まる?

お財布

あなたは新品の財布を手に入れました。今まで使ってた財布から新品の財布にお金を入れ替えます。

その前にちょっと待ってください!

1番最初に入れる金額が、その財布の器の大きさが決まってしまいます。なので、最初に入れる金額を決めましょう。

 

くり返しますが、「1番最初に入れる(新品の財布に)金額」が大事なのです。

 

もし、千円を入れたとしたら、その財布は千円くらいの器になってしまうのです。その財布は1番最初に入ってきた金額に対して「この金額が自分の器なんだ」と記憶してしまいます。

一旦、「自分は千円の財布なんだ」と財布が記憶してしまうと、一時的にそれ以上の金額が入ってくることがあっても、不思議と出費がかさんだりして、お金は出て行くことになるのです。

この話は、お金持ちの人が言ってたのですが、それを聞いた私は「えー?そんなこと本当にあるのかなー?」と、半信半疑ながら自分で試してみることにしました。

新しい財布を買い、貯金を卸し、新品の財布に40万円を入れてみたのです。一応、財布に向かって、「君は40万円の器がある財布なんだよ」と声をかけました。笑

 

半日ほど40万円を入れたまま過ごしました。

 

それから不思議なことが起こりました。

スポンサーリンク

1ヶ月が経ち、月収がピッタリ40万円だったのです!そして、その次の月もピッタリ40万円でした。

2か月連続でピッタリ同じ40万円だったのです。

こんなことは初めてでした。

自営業なので、それ以降の月収はバラつきがありましたが、それ以来、私の財布には、それなりの金額が長い間入ってくれるようになりました。

 

財布やお金を雑に扱うと金運が下がる

「モノは大切に扱いなさい」と、子どものころに教わった人は多いと思います。

私もそうでした。でも、今まで実際にモノを大切に扱ってきたかどうか、正直言って自信がありません。

しかし、大人になって気づきはじめました。子供の頃に親から教えてもらったことの意味や大切さが、少しずつ分かってきたのです。

それ以来、パンツの後ろポケットに財布を入れたまま座るのをやめました。財布やモノを「ポイッ」と投げたり雑に扱うのをやめました。

それから金運が少しずつですが、確実に上がっていきました。

それは、お金やモノを大切にすることの大切さに気づき、意識が変わったからかもしれません。

 

お札をそろえて財布に入れるは間違い?

「お札をそろえて入れましょう」という話は聞いたことがあるかもしれません。

私もお札はそろえて財布に入れるようにしてます。

しかし、逆さまに入れるのはダメです。「お金が出ていかないように逆さまにしたらいい」という話を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、それはおすすめしません。

お金(お札)には人の顔が印刷されてますよね。逆さまに入れるのは失礼だし、ちょっと可哀想だと思いませんか?

実際に、逆立ちをしたら分かると思いますが、ずっと逆立ちしてたら頭に血が昇って苦しいですよ。

 

お札には、福沢諭吉さん、樋口一葉さん、野口英世さんが印刷されてます。もし、あなたの「ご先祖様の遺影」を逆さまに飾ってたとしたらどうでしょうかあまりいい気分ではないですよね。

なので、お札は正位置でそろえて財布に入れましょう。

スポンサーリンク

お金の渡しかたでも金運が決まる?

買い物に行ってレジに並んだ時のことを思い出してみてください。あなたはお札を渡す時、次の3つのうち、どうやって渡してますか?

 

1.ポイッと雑に渡す
2.自分から見て正位置で丁寧に渡す
3.店員さんから見て正位置で丁寧に渡す

 

これは高額納税者のお金持ちの方が言っていたことですが、その方が言うには3番が正しいとのこと。

そして、その時に、「ありがとう」と言いながらお金を渡すのが良いというのです。

私もずいぶん前から見習って、「ありがとう」を言いながら店員さんにお金を渡すようにしてます。

 

この「ありがとう」は、店員さんに言ってるわけではなく「お金」に言ってるんです。

 

「あなたのおかげで食べ物が買える」

「あなたのおかげで生きていける」

「あなたのおかげで幸せな生活が送れている」

 

お金に対し、感謝の気持ちを込めて「ありがとう」って言うんです。

 

よく、「お金は天下の回り物」と言いますよね。私たちよりもお金のほうが世間を知っているのです。

お金を雑に扱っていると、「あいつのところには行かないほうがいいぞ」と、あなたの悪い噂が口コミで拡散されるかもしれませんよ。

 

まとめ

新品の財布にお金を入れる時は、金額が大事だということ。最初に入れた金額でその財布の器が決まってしまう。

 

財布やお金(モノ全般)を雑に扱わないこと。お札はそろえて正位置で入れること。ご先祖さまの遺影を逆さまに飾ることがないのと同じように、お札も逆さまに入れないこと。

 

お金に敬意を払い、感謝しながら使うこと。店員さんに対して正位置で「ありがとう」と言いながら払う。どうしても恥ずかしいのであれば、店員さんに言ってるふうに言ってもいいでしょう。それでも、恥ずかしいのであれば、心の中で言ってみることから始めてみてはどうでしょうか。

 

ちなみに、財布の寿命はだいたい3年くらいと言われています。それ以上がダメというわけではありませんが、だいたい3年前後を目安に使うことをおすすめします。

⇒貯蓄は苦手?10月17日は貯蓄の日、貯められない方へのオススメ方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

サイト管理人プロフィール

管理人:マメマン


管理人のマメマンです。趣味は読書、執筆活動、デジタル一眼レフカメラ、動画撮影など。特技はバック転と絵を描くこと。本を読んでる時とドライブしてる時と海をボ~っと眺めてる時が一番リラックスできます。どうぞよろしくお願いいたします。



人気ブログランキング

この記事は参考になった!と思っていただけたら応援クリックお願いします。

⇒雑学・豆知識 ブログランキングへ

お問い合わせ